Top > 外国人風を日本人に落とし込む

外国人風を日本人に落とし込む




友人の紹介で
千葉県の美容院
行ってきました。

スタイリストさんから聞いたことですが

外国人風って流行ってますよね。

これを日本人にあわせるために

1.全てのスタイルは「毛束感」をベースにする。

2.「活かすクセ」と「活かせないクセ」を見極める。

3.髪自体の「柔らかさ」は必須です。

シャンプーとトリートメントで簡単に柔らかくなります。

4.独自開発の「ゲイジスティック」を使用します。

スキバサミでの毛束感は充分ではありません。

5.頭の形は「卵型」を想定し「たて長」に見せる。

6.色素薄めのベージュ系/ホワイトブラウン系

をベースカラーにする。

7.顔周りは、出しすぎず、隠しすぎず 。

“ 見え隠れ ” させる。

8.[つむじの動き]を見極める。

といった8つのことを意識しながら

ヘアを造っていくようです。

さまざまな技術を持っているのだと感心しました。


関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
マッサージ|辟易するセルライトをあなた自身で解消したいという時は...。(2019年10月21日)
相続税対策にはどのような方法がある?(2016年9月24日)
外国人風を日本人に落とし込む(2015年12月19日)
外国人風を日本人に落とし込む(2015年12月19日)
外国人風を日本人に落とし込む(2015年12月19日)